忍者ブログ
[6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

進化論は生物学の科学理論として広く受け入れられているが、進化論を否定する説も出ている。これらの否定的説は自然選択説を否定するものではなく、進化という現象そのものを否定するもので、科学的には多数の誤りを含んでいることが専門家によって指摘されている。米国などで多いこの否定的説は、多くは宗教的理由のためである。

日本においても宗教的理由で進化論を否定する論者もいるが、これは少ない。では、日本では進化に対する関心が低いのだろうかといった疑問もでるであろうが、これは間違っているようである。日本では進化に対する関心が高く、そのためか進化論に関する一般書が数多く出版されており、そのために、様々な進化仮説が一般書などよって広く知られているようである。
しかしながら、一般的に知られているそれらの仮説が、進化の専門家の間でどのような評価を受けているかが知られていないことがある。
むろん専門家に受け入れられていない仮説が間違っているとは必ずしも言えない。しかし、現代科学において多くの専門家の批判に耐えられない仮説がよりよい仮説である可能性は低いと言えるだろう。

引用した河田先生のサイト中に「日本の一般書で取り上げられている進化に関する理論と仮説」という題の表がある*1。この表にはブルーバックスなどで一般的にはよく知られている仮説が、専門家の間ではどのような評価を受けているか示されている。
今西進化論、ウイルス進化論や重力進化説などは「進化学のこれまでの研究などを無視したかんちがい理論」と厳しい評価を受けているようである。また、日本版構造主義進化論も「具体的な実証例はまったくなく、実証自体が困難である。」と否定的である。

この一般的評価と専門家による評価との差異はなぜ生じているのだろうか?この理由の1つとして、20世紀後半からの生物学全般にわたる急速な進歩が上げられる。それまでの形態学や行動学を背景としていた進化論は、特に分子生物学と集団遺伝学の進歩の影響を大きく受けて変貌した。これらの新しい生物学は専門的であり、真に理解するためにはこれらの基礎となる遺伝学、統計学や化学、さらに細胞生物学や生化学などの関連分野を学ばなければならない。むろん形態学や行動学も専門的内容であるが、上記に比べれば直感的に理解しやすい面がある。

現在、進化の本体が集団内の遺伝子の経時的変化であることがわかっている。また「進化」は理論ではなく観察されうる現象となったと考えてもよいだろう。

1:http://meme.biology.tohoku.ac.jp/ECOLEVOL/ANIMECO/kawata/imidas2.html
PR

コメント
何はともあれ
ブログ開設おめでとうございます
たまごどんみたいに『毎日』でなくていいですから、末永くがんがってください
【2006/07/24 14:56】 NAME[NORTON3rd] WEBLINK[] EDIT[]
無題
あきさんって白いんだか黒いんだか、真面目なんだかずれてんだか、面白いですね。時々見に来ます。
【2006/07/24 16:39】 NAME[DBRCT] WEBLINK[] EDIT[]
開設おめでとうございます
こんにちは、ウェブログ開設、おめでとうございます。
簡単にですが、足跡を兼ねて、ごあいさつとさせていただきます。
【2006/07/24 22:35】 NAME[たんぽぽ] WEBLINK[URL] EDIT[]
ありがとうございます
ご来訪ありがとうございます。
これからも宜しくお願い申し上げます。
【2006/07/24 22:57】 NAME[あき] WEBLINK[] EDIT[]
進化論
はじめまして。進化の理論は複雑になっていますね。私自身、本など読めば読むほどわからないことだらけになり、すっきりしません。このもやもや、すっきりしたいな、と思っています。
【2008/04/21 20:39】 NAME[ロスジェネ] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
(05/19)
(04/21)
(11/10)
(07/10)
(11/24)
プロフィール
HN:
あき
性別:
非公開
職業:
いきものの研究
自己紹介:
はじめまして。
テーマは決めていませんが、生物に関係する話などを書き込んでいきたいと思っています。
ふだんの研究とは関係のない論文を読んだ感想なども書き込むつもりです。

もし引用されることがあれば、そのときにはご一報下さい。無断引用はご容赦願います。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析